Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

頚と腰の吊り橋のような関係 

頚が調子悪いと腰も調子悪くなったり、
また腰の調子が悪いと頚の調子が悪くなったり
そんな経験はないだろうか。
別の場所だから関係なさそうなのに
どんな繋がりがあるのだろうか。

この繋がりの一つに姿勢制御の関係がある。
人間の重心は常に中心におちるように調整されている。
それにより姿勢を維持するエネルギーを
最小で負担が少ないようにしているのだ。

そのため腰から下肢が一方に変位した場合、
上体はその反対に変位することで
重心は中心から外れないように維持している。
そのため腰が動けば頚も動く。

代償

骨盤と頭部は脊椎により繋がっているため
まるで吊り橋の様に影響をし合うのである。

そのため頚を治療するのであれば
腰のアプローチも考慮する必要がある。
また腰を治療するのであれば
頚のアプローチも考慮する必要がある。
保険上他の部位への治療が難しい場合もあるため、
姿勢指導や脊椎全体を含めた運動療法を
併用することが必要なことも考慮する必要があるかもしれない。

脊椎のアプローチ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/899-d14a5b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。