Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

7つの価値観 

人間関係。それはすべての人が大抵悩みを持つものである。
親、友達、恋人、同僚、夫婦・・・。
どうしてもわかってもらえない。
どうしても理解できない。
腹が立ったり、落ち込んだり。
そして最後は価値観が違うから・・・。
そういった答えにたどり着く。
価値観を相手に押し付けたり、
価値観を押し付ける相手を避けたり。

しかしその価値観が違うって言葉は
逃げ道に使われることは多い気がする。
じゃあ価値観って何?どれだけあるの?
自分の価値観はそれじゃあなんだろう?
相手の価値観は何?
相手の価値観を尊重することは大切。
じゃあ自分の価値観は捨ててしまうの?
自分の価値観を相手にわからせなきゃダメ?
様々な疑問がわいてくる。

この価値観についての知識というものは
あまりにも私たちにないものなのかもしれない。
人と人がうまくやっていくためには
価値観を理解することが大切。
でもどうやって理解するのか?

今回は価値観について触れていきたいと思う。
患者さんの生活の質を高めるにも。
自分の生活の質を高めるためにも
人として本質的なものになると思う。

ディマティーニは価値観を7つに大別した。
知性、仕事、お金、
家族、人間関係、健康、精神。
男性的な人ほど知性・仕事・お金に偏りやすく、
女性的な人ほど家族・人間関係・健康に偏りやすい。
精神に関しては男女とも同等であるが、
宗教色の少ない日本では
あまり重要視されない傾向がある。

人の価値観はこれらを優先順位で決め、
行動の指針を行っている。
しかしながらそれに従わずに生きる場合は
興味を持てなかったり、力を発揮できなかったり
うまく人付き合いができなくなることにも繋がる。

次回からはこの7つの価値観について
さらに12項目に分類していく。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哲学・思想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/900-f5e81fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12