Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

人の優先順位 

人と人との関係については
悩む人も多く、多くの書籍も出ている。
私も接客業なのでこの辺りは
特に勉強していかなければと意識している。

コミュニケーションスキルでは
ミラーリング、ペーシング、バックトラッキング、
傾聴やオープンクエッションなど
テクニックにおける書籍が非常に多い。
私も意識して行なうこともあるが
どうもしっくりこないと感じることも少なくない。

私が未熟なのも要因であろうが、
どうも表面的には対処できても
相手との本当の意味でのラポールや
納得するところまでには
これらテクニックだけでは難しく感じる。

やはり価値観の違いというものが
それらの大きな要因となっている気がする。
うまくいく人とうまくいかない人。
どの人でも同じ方法がうまくいかない理由は
ここにあるのではないかと感じる。

一人一人大切にしているものがあるが、
それらの違いを価値観の違いと表現されることが多い。
ある人は「仕事」をある人は「人間関係」をまたある人は
「お金」に人の価値観はさまざまである。
そうしたときにどうしても人間なので
自分の価値観を押し付けようとしてしまう。
相手も同様に引かずに自分の価値観を押し付けようとするならば
この人とはわかり合えないとし、
逆に避けるようにするかもしれない。

価値観は有る無しではなく
優先順位が違うといったほうが正しいのかもしれない。
例えば「仕事」大切にする人が
「お金」のことを全く気にしないかと言えばそんなことはない。
上司が売り上げのことばかり言うと腹を立てていても
自分の給料が下がればそれはおかしいと思ってしまうかもしれないし、
人間関係を大事にする人でも親友からお金を貸してと言われると、
それはできないと答えてしまうかもしれない。

自分には合わないと思っている人も
自分と同じ価値観を持っているし、
自分が持っていないと思っている価値観も
実は自分も持っているものである。
大切なのは価値観の優先順位が違うだけである。

嫌いだと思ったり合わないと思う人は
自分の価値観の優先順位が相手にとっては低かったり、
自分が持っていないと思っている価値観が
実は自分の中の優先順位が低いだけだったりする。

要するに価値観に絶対的なものはないので
優劣は付けることはできない。
相手が優れていると思う必要もないし、
自分が劣っていると思う必要もないのである。

人生はゲームと違い勝利条件も敗北条件も
敵も存在しない。
ただ人生をゲームに置き換えることはできる。
自分で勝利条件や敵を決めれば良いのである。
大切なことは今自分が思っている勝ち負けや
敵味方は自分が勝手に決めたことだということを
忘れないようにする必要がある。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哲学・思想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/921-ef20045c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。