Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

モビライゼーションのグレード 

モビライゼーションを行なう上で大切なのは
自分の骨と相手の骨をイメージし触ること。
もう一つはFirst stopを感じることではないだろうか。
First stopとは関節包内運動を行なっているときの、
制限を感じる領域のことを指す。
関節包内運動を進めていくと徐々に抵抗感が強まり、
最終的に一旦動かなくなる位置がある。
現在の関節の遊びの最大伸張性であり、
これがモビライゼーションの基準にもなる。

メイトランドではグレード1と2はFirst stopまでの範囲。
グレード3になるとFirst stopを超える範囲になる。
そしてグレード4はさらに超えた範囲となる。
カルテンボーンでも同様にグレード1と2はFirst stopまでの範囲。
グレード3はFirst stopを超える範囲になる。
一般的に痛みがある患者で痛みの緩和が目的であれば
First stopまでが適切なグレードになる。
また可動性の改善が目的となる場合は
First stopを超える範囲が適切なグレードになる。

グレードの違い

またメイトランドは振幅を利用した
治療を行なうのが一つの特徴である。
いわゆる揺する動きになるのだがこれを用いることで
痛みが生じにくくなるメリットともある。
振れ幅はグレード1と2の場合は1〜2Hz(1秒間に1〜2回)
グレード3と4の場合は2〜3Hz(1秒間に2〜3回)
で行なうようになる。

メイトランドとカルテンボーン

1)Maitland GD:Vertebral Manipulation 5th
 ed.Butterworth,London,1986
2)Maitland GD:Peripheral Manipulation 3rd
 ed.Butterworth-Heinemann,Ltd,Oxfoprd,1993
3)Kaltenborn FM:Manual Mobilization of the Joint-
 the Kaltenborn Method of Joint Examination and Treatment,
 Volume II The Spine 4th ed.Norlis,Norway,2005
4)Kaltenborn FM:Manual Mobilization of the Joints-Joint
 Examination and Basic Treatment,Vol I The Extremities
 6th ed.Norlis,Norway,2006
関連記事
スポンサーサイト

Category: 治療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/929-46e23c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。