Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

深層筋と動作 

動作において筋のバランスは重要である。
強い筋の方向へ身体は引っ張られやすくなる。
そのため末梢部分の筋が強ければ
体幹は選択的に動くことができず十分な力は発揮されない。
深層筋と外層筋のバランスが重要である。
下記に深層筋の活性化が不良な場合と、
良好な場合の動作を示す。

深層筋の活性化が不良な場合
体幹が不安定となる。
動作を起こすためには
四肢の活動性を高める必要性がある。
これにより非効率的な運動を強いられる。


深層筋の活性化が良好な場合
体幹が安定している。
そのため四肢の活動性が最小であっても
小さな力で動作を起こすことができる。
image78.jpg
関連記事

Category: 筋力

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/931-051ec4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12