Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

自律神経とは 

人間の神経系は
感覚や運動を司る体性神経と
無意識的に体の調節を行なう自律神経に分かれる。
体性神経は知覚神経と運動神経に分かれ、
知覚神経は体の感覚を感じる。
運動神経は体の運動を生じさせる役割がある。
自律神経はほとんど無意識に働くため、
自覚的に感じることはできない。

体が興奮したときに自動的に心拍を上げ、
体を動きやすい状態に変化させたり、
またリラックスしたときに心拍をゆっくりにして
体を休みやすい状態に持っていく。
自律神経
自律神経は脳幹と脊髄が中枢であり、
支配している領域は非常に多い。
心臓・胃腸・膀胱・子宮・血管・内分泌・汗腺など
これらは働き過ぎても働かなすぎてもうまくいかない。
これらは恒常性(ホメオスタシス)により
シーソーのように微調節され体の状態を整えている。
自律神経2

関連記事
スポンサーサイト

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/938-3cef8629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。