Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

自律神経の障害による症状 

自律神経は心臓・胃腸・膀胱・子宮・血管・
内分泌・汗腺など多くの領域を支配しているため
症状も多彩である。
気分の変調や体温調節が困難となるため
熱すぎたり寒すぎたり。
また痛みなどの疼痛性の症状が出現することもある。

しかし器質的な異常が見当たらないため、
検査では特に異常はないことが多い。
あちこち調子が悪いときは
まずはきちんと病院で検査を行ない、
器質的な異常が見当たらないのであれば
自律神経を考慮した日頃の日頃の
行動や心のあり方の見直しが必要なときなのかもしれない。

自律神経
関連記事

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/939-0b8b4850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12