Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

自律神経と身体症状 

自律神経の働きにより身体症状は大きく変化する。
交感神経が過剰に働き、副交感神経の働きが衰えると
顆粒球が過剰に増加してくる。
顆粒球は最近を食べ自己防衛をするが、
過剰になると常在菌まで攻撃してしまう。
またこうした状態が続くと粘膜や組織を破壊、
顆粒球が死ぬときには活性酸素をまき散らすことになる。
胃潰瘍や吹き出物、口内炎などの症状の他、
癌の原因になると言われることがある。
また腸の動きは低下するのが特徴である。

今度は副交感神経が過剰に働き、交感神経の働きが衰えると
どうなるのであろうか。
副交感神経が過剰になると抑うつ傾向となり、
体のだるさや重たさ、やる気がでないなどの症状が出やすい。
アレルギー反応も生じやすく
腸は過剰に収縮することになる。

交感神経と副交感神経は
どちらかが高い状態では体は不調となる。
交感神経・副交感神経ともに
高いレベルであることが大切である。

アクティブな状態・リラックスした状態では
わずかに傾き調整されるのが理想的である。
また交感神経は意図的にコントロールは難しいので
意識的にリラックスし
副交感神経を刺激することがコツである。

自律神経
関連記事
スポンサーサイト

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/940-56cbf714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。