Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

良い便の条件 

良い便になるためにはいくつかの要素が必要ないなる。
食べたものは胃・小腸・大腸を通り便となる。
その間に胆汁の分泌が関与するので
胃、小腸、大腸はもちろんのこと
胆管、胆嚢や肝臓の働きが必要になる。
これらの臓器の調子が良いことは言うまでもない。

腸内環境には適度な運動とストレスの解消
そして何より食生活が関わってくる。
適度な運動は体内の血液の循環を良くしたり、
自律神経機能にも欠かせない。
また深層筋が働けば腸を動かすのにも役に立つし
排便時にも筋の力はあるていど必要である。
ストレスは自律神経に関わってくるため、
腸の動きに影響が大きい。
そしてなんと言っても食生活は外せない。
腸内環境では善玉菌と言われる
ビフィズス菌や乳酸菌が多く必要である。
これには外から取り入れるだけでなく
既にすんでいる菌の栄養になる
オリゴ糖をとることが必要である。

毎日すばらしい便になれば、
体の調子もすばらしいことを意味する。
日常生活は慣れが生じるため、修正が難しい事も多い。
便をひとつの目安として健康を維持していくのも
大切なことなのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 健康

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/948-1f55242d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12