Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

病期とアプローチ 

軟部組織の回復は
時間の経過とともに生じる。
炎症が主症状の急性期と
修復がメインとなる亜急性期。
線維化し再構築していく安定期と分かれる。

急性期では48時間のRICEが基本であるが、
軟部組織の障害であるため
stretchingは基本的には行なわない。
循環改善の目的でマッサージや
等尺性収縮、他動的な可動域訓練。
関節モビライゼーションはストレスの小さい
Grade1-2の範囲で行なう。

亜急性期では日常生活は可能であるが、
強度や持続時間が長いスポーツと仕事には
制限が必要である。
亜急性期の前半では修復が重要な
生理学的要素に注意する必要がある。
よって過度な運動が負担になる時期であり、
負担の管理が重要である。
亜急性期の後半では
徐々に物理的な要素を考慮していく。
要するに修復した組織の硬さを
改善する必要があるのである。

急性期と同様にマッサージと
等尺性収縮を使うことができるが
関節モビライゼーションは可動性の改善も考慮し
Grade3-4、ストレッチも行なっていく。
また可動域訓練は他動から自動に切り換えていく。
そして新たな可動域は実際に使用することで
脳に認知され実用性の高いものに変わっていく。
筋や皮膚は5〜8日という短時間で亜急性期を終了するが
循環の悪い腱などは3-6週と非常に長い月日が必要となる1)
この亜急性期は前半と後半
要するに急性期よりなのか安定期よりなのかで、
負荷をかけるべき割合が変化する。

しっかりと見極めることができれば
過度に動くことの害や不動による害を
防ぐことができる。

安定期に入ると活動も習慣化されてきており、
思わしくない状態の場合は習慣の見直しも必要となる。
行動や考え方の習慣は新たな再構築をつくり、
無意識での習慣化した活動を形成する。
適切な動作と運動量であればより機能は高まるが、
不適切な動作と可動な運動であれば
再び障害を起こすきっかけとなる。

クリニカルリーズニング 脊椎・骨盤編

1)Enwwemwka,CS:Connective tissue plasticity:
Ultrastructural,biomechanical,and morphometric
effects of physical factors on intact and regenerating
tendons.J Orthop Sports Phys There 14(5):198,1991
関連記事
スポンサーサイト

Category: 治療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/953-48c679de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12