Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ヘルニアが何でほっといて良くなるのか? 

画像上では明らかな椎間板ヘルニアの所見があるのに
症状がほとんど出ていない症例や
はじめは症状があったが
時間とともに症状がなくなる症例は少なくない。

椎間板から出てて神経を圧迫してるんだから
そのままにしてたら良くないんじゃないか?
そういった声は患者からよく聞かれる。

ヘルニアの多くが保存治療が勧められ、
そして改善するのはなぜなのだろうか。

実はこの神経根は圧迫や牽引ストレスをかけても
症状がでないことは多くの論文で報告されている。
しかしながらその神経根が脱髄線維を伴っている場合や
髄核の分解産物により炎症反応が生じている場合は
疼痛を誘発してしまう。

神経根は構造的に非常に弱い部分である。
神経周膜と神経上膜をもたないので
機械的な外力に弱く浮腫をおこしやすい。
また狭い間隙を通り髄液中に浮かんでいるので
加齢や髄液、髄膜、腫瘍の影響を受けやすい。

椎間板ヘルニアの所見があるのに
症状がほとんど出ていない症例や
はじめは症状があったが
時間とともに症状がなくなる症例は
圧迫ストレスはそのままであるが
牽引ストレスが軽減したり
炎症反応が消失することが原因と考えられている。

神経根の脱髄は持続的な浮腫に伴うものが
一因であるため、
日常生活での症状誘発動作を
できるだけ早期に軽減することが必要である。

無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 腰椎

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/954-ca4d717a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。