Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

関節モビライゼーションの他の用途  

関節モビライゼーションは小さいグレードでは
機械的受容器刺激による疼痛の軽減や
滑液の循環改善による効果が得られる。
また大きいグレードでは短縮組織を改善する
力学的な効果が得られるがその他の用途もある。

関節の位置関係のズレによるアライメント不良の修正。
また外傷後で関節運動を生じさせることが困難な場合、
関節副運動の維持の目的で用いることもできる。
また関節機能異常からも筋スパズムや筋の長さ異常に伴う
筋の不均衡などの改善に用いることもできる。

関節モビライゼーションは
非常に多くの知識と技術が必要である。
そのため使いこなすためには知識のみならず
何度も練習することで得られる経験も
必要不可欠である。

治療者や患者のポジション。
固定と可動の治療者の用手操作。
可動させるときの治療者の体の使い方。
エンドフィールやジョイントプレイなどを
感じる触診する力。
またイメージを作るために必要な
関節面の解剖学的3次元イメージと
運動学的知識が必要になる。

しかしその効果は大きく、
関節可動域の30%は関節によるもの1)と
言われることもそれを裏付けている。

1)灰田信英,細正博:拘縮の病理と病態.奈良勲,他(編):
 拘縮の予防と治療.医学書院,2003,pp18-36
関連記事
スポンサーサイト

Category: 治療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/969-335378c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12