Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

扁桃体について 

前回の恋愛と扁桃体についてで
扁桃体に少し興味を持った方もいるかもしれないので
今回は扁桃体について詳細に説明したいと思う。

扁桃体は大脳基底核の一部と考えられている
アーモンド状の神経細胞の集まりである。
情動と記憶に関係が深いといわれている。

恐怖や嫌悪そして刷り込まれている情動体験の記憶は
扁桃体を介して恐怖行動を引き起こす。
ストレスホルモンの放出、呼吸や脈拍の増加、
硬直などの症状を示す。

また長期記憶を形成する際に、
記憶の固定や調節をするのに扁桃体の役割は大きい。
扁桃体は情動により活性化するので、
情動が換気されるものほど記憶に残りやすいのである。

脳の奥のアーモンド状の扁桃体が
感情とともに活性化すると
嫌なことを記憶しやすくなるのである。

神経心理学の研究では扁桃体の損傷で
母サルの母性が低下し
虐待や育児放棄をするようになったという報告の他、
扁桃体の過剰な興奮では社会恐怖や
境界性人格障害が多い傾向があったという報告もある。
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/986-a8fb42a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。