Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

扁桃体と主観の変化 

恋により扁桃体が抑制されると
相手の見え方がずいぶん変わってくる。
しかし3年もたてば恋愛ホルモンも減少し
トキメキが薄れてくると変化が訪れる。

かわいいと思っていたものが
幼稚で子供っぽい。
甘えん坊だと思ってたのがだらしがない。
自己投資をする人だと思っていたのが
実は浪費家だ。
男らしいと思っていたのが威張ってる。
よく気がつくと思っていたのが細かい。
その人の良さという個性が
すべて正反対に見えてくるのである。

これだけ主観というものは当てにならないもので
好きか嫌いかだけで同じものでもよくも悪くも見えてしまう。
逆に相手の良いところを見ようとすれば
嫌なところを正反対にすればよく見える。
お互い一緒に過ごすならけなし合うより
尊敬し合いたいものである。

ケチだと思っていたけど節約家でしっかりしている。
外面だけいいと思ってたけど社交性がある。
嘘つきと思っていたけど大人で思いやりからのものかも。
こうやって考えていくことで相手の良い部分が見えてくる。
恋愛感情がなくなってからのお互いの関係は
相手次第よりも自分次第なのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 男と女

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/987-d9a433fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。