Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

哺乳類脳と爬虫類脳の関係 

人間の脳は深部に魚類・爬虫類脳である本能の脳。
旧皮質に旧哺乳類脳である情動の脳。
新皮質に新哺乳類脳である知性の脳がある。

哺乳類脳の部分には理性を司るため、
ここの働きが悪くなると爬虫類脳が全開となり、
野蛮な悪い行動が生じやすくなる。
この状態は論理的な思考が困難であり
イメージや感覚といった主観的なものでしか
判断ができない状態になる。
他人や社会性といったものは考えることができないため、
悪いことを起こしやすい人間になってしまう。

悪いことをする人はこういった論理的な思考が困難で
イメージや感覚のみの主観的な判断が主体となる。
長期的なストレスが脳に蓄積されると
海馬が萎縮することは知られている。
物覚えが悪くなり、忘れっぽくなる。
子供の頃に過度なストレスが長期間かかると、
哺乳類脳の発育に影響を及ぼす。

悪いことをするのは単純に人格や性格
そして倫理の問題だけではない。
脳そのものの物理的なメカニズムの異常が
関与していることも大きいのである。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 行動心理学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/988-98ca462a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。