Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

つまづきやすい歩行 

「歩くときにつまづきやすい。」
と訴えられる高齢の患者さんは多い。
歩行状態を見ると足先が地面を擦るように歩いている。
スリッパやツッカケを履いている場合も
こういった歩き方になりやすい。

歩行全体を見てみると、頭部は地面を向いており
体幹は常時前屈させている。
立脚中期〜後期の股関節の伸展、
膝の伸展、足関節の背屈がいずれも乏しい。
立脚の不安定感や外側シフトが生じやすい。

このような歩行をする場合は
転倒の既往があったり、転倒不安感がある場合が多く
杖歩行をしている場合が多い。

ではどのように考えてアプローチをしていけば良いだろうか。
次回はつまづきやすい方のアプローチを考えていきたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/991-1a5efe2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12