Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

立脚期の不安定性のアプローチ 

立脚期の不安定性に関与しやすいものとして、
立脚期の体幹深層筋の収縮の低下。
立脚期の下肢内旋の運動連鎖の減少
というのは前回述べた。
ではどのようにしてアプローチをしていけば良いだろうか。

体幹深層筋の収縮の低下では
まず収縮をドローインなどで行なってもらう。
その後、下肢との協調的な収縮などを行ない、
不十分であれば深層筋の関与の可能性も高いと考える。
何度か収縮を促したあと、歩行が改善するのであれば
深層筋の関与は極めて高いと判断できる。

下肢内旋の運動連鎖の減少に関しては
問題をより詳細に掘り下げていけば良い。
原因は内旋方向への可動域制限なのか?
それとも内旋方向の筋出力の低下なのか?
もしくは単なる習慣化による運動学習のみによるものか?
それぞれ評価をしていく。

可動域制限であれば足部・足関節・膝関節・股関節・
仙腸関節・腰椎と可動域の制限や副運動の低下を評価していく。
筋出力の低下であれば外旋の筋力と内旋の筋力の差や、
患者本人がどちらが力が入りやすいかなどの主観を
評価していく。
これらの関節と筋の構造的な問題に問題がないのであれば
習慣化によるクセのようなものだと考えることができる。

こうした仮説はアプローチで結果がでるかどうかで
効果判定をすることになる。
アプローチにより変化が得られないのであれば、
評価の数が足りない、評価の技術不足などの評価の問題。
仮説の誤り。アプローチの技術不足。
などが挙げられる。
評価を多く挙げれば効果が得られる可能性は高くなるものの、
多くの要素を統合し仮説を導きだすスキルが必要になる。
動作からいかに問題を導きだしていくのか。
また既にいくつかの仮説を頭の中で用意できているのか。
こういったことが重要になる。

※今回の仮説はあくまで一つの例であり、
 見る視点、患者の希望や療法士の技術。
 求める方向性により様々な答えが存在する。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/994-8b2aa686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。